ダイエットサプリとアンチエイジングサプリ特集

ダイエットサプリ

ダイエットレシピに重要な栄養素の知識

近年、過度なダイエットによる摂食障害は増加傾向にあります。短期間で大幅に体重を減らそうとするあまり断食に近い食事制限を行い心身ともに大きなダメージを負ってしまうのです。拒食症や過食症といった代表的なダイエットによる弊害は長期的なものになると大変危険です。

それ故に、ダイエットを行う際にはこのような摂食障害を招かないように十分な注意が必要となります。効果的にダイエットを推進するにはダイエットに関する栄養素の知識を身に付けなければなりません。

ダイエットの知識を学び、それを毎日の生活に組み込むことで効果的に体重を落とすことが可能となります。ここではダイエットレシピに重要な栄養素の知識についてお話致します。先ず最初に、ダイエットレシピに重要な知識としてコレステロールがあります。

脂質の一種であるこの栄養素の過度な摂取は肥満の原因となるためにコレステロールを多く含む食品は控えた方が良いとされていますが、コレステロールも適量ならば問題がありません。コレステロールという脂質は身体の細胞膜、胆汁酸、各種ホルモンの原料となるために身体の機能を正常に保つためには必要な栄養素なのです。

それ故に、ダイエット時には適量のコレステロールを摂取するよう心掛けましょう。

次に、ダイエットレシピの知識として重要なものにグリセミック指数があります。グリセミック指数とは血糖値の上昇速度を表すものです。このグリセミック指数が高い食品は体重の増加を招き易い傾向があります。

グリセミック指数の高い食品は体内でのインスリンによるブドウ糖の分解が完全には行われず、過剰な糖質が体内に蓄積されてしまうために体重増加の原因となるのです。それ故に、ダイエット中にはパン、コーンフレーク、ドーナツなどのグリセミック指数の高い食品を避けることが大切です。

次に、ダイエットレシピの知識として重要なものに油の種類があります。この油は大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸は肉類やバターに含まれるもので過度の摂取は肥満の原因となるためにダイエット中は避けるほうが良いでしょう。不飽和脂肪酸は魚類や植物の油です。

これらの油は体内では合成されないものもあり食事から摂取する必要があります。そしてこの油はコレステロールの値を下げ血液の凝固を防ぐなどの働きがあるためにダイエット中には最適です。このようにダイエットを成功させるためにはダイエットに必要な栄養素の知識を身に付けそれらの知識を元にダイエットを推進することが大切です。

効果的なダイエットレシピについて

ダイエットに関心のある人にとってダイエットレシピは人気があります。さまざまなレシピが紹介されているので、普段から目にしている機会も多くあります。ダイエットレシピでは、野菜が多く使われます。またカロリーが低いものを食材に使用しているので、たいへん参考になります。

ダイエット中に効果があるようにするためには、朝昼晩と三食をとることの必要性がよくいわれます。朝食を抜いたりするとかえってよくないなどといわれることもあります。つまりダイエット目的で食事を減らすことは正しくないということです。ダイエットをするのに最適な野菜としては、先ずキャベツがあります。

キャベツを使ったダイエットレシピも多く紹介されています。ご飯やパンなどのかわりにキャベツを主食として食べるというダイエットもあります。この他にはダイエット中には大豆がよいとされています。大豆は、良質なたんぱく質を含んでおりさらに低カロリーな食べ物です。

ダイエットレシピとしておすすめといえるものは、豆乳を用いたレシピです。豆乳はたんぱく質の吸収率が高いという特徴があります。豆乳を使ったレシピとしては、豆乳スープや豆乳鍋などが紹介されることが多くあります。また豆乳を使用したスイーツなども人気です。

ダイエット中では、調味料に関しても気をつけることが必要です。サラダなどにはノンカロリーのドレッシングを使うようにします。また低カロリーやノンカロリー調味料で気をつけることは、塩分になります。塩分を多く含んだダイエットレシピでは、塩分によるむくみの心配があります。

このためせっかく低カロリーの食事を取っていても、塩分を取りすぎると意味がないことになってしまいます。塩分のとりすぎは高血圧症やじん臓機能の低下につながります。塩分に気をつけることで、代わりに酸味や辛味成分のある香辛料を足すことがおすすめです。例えば七味とうがらしを使用したレシピなどはダイエットに大きな効果があります。また酸味については、酢やレモンなどの柑橘類などを使用することで塩分を減らすように工夫します。

キャベツのレシピはさまざま紹介されていますが、ダイエットに効果があるものとしてはキャベツのサラダや、キャベツを使用したパスタなどがおすすめです。またキャベツを丸ごと使用したレシピもあります。これならダイエットにも効果があります。ダイエットでは、野菜を豊富にとることをすすめます。

この他には食事で脂肪を摂取することをできるだけ避けて、肉類では鶏ささみなどを選ぶようにします。

ダイエットレシピと、お寿司は高カロリー

お寿司はヘルシーであると海外では人気があります。お寿司のネタは魚などが主となりますが、中にはカロリーが高い食材を使ったお寿司もあります。海外で人気とされるお寿司はマヨネーズなどを使ったお寿司などで、江戸前のお寿司とは少々風変わりなものが多いのが特徴です。

マヨネーズと言えば高カロリーの食材でも有名で、ダイエット中の人はダイエットレシピの中から排除したくなるものでもあります。いくらお寿司がヘルシーであるからと言っても、魚には脂を沢山蓄えているネタが沢山あります。マグロなどでは、中トロや大トロと言ったら脂を多く含むネタでも有名ですし、サーモンなどの脂を多く含むネタとなります。

一つ一つのお寿司にはそれぞれ異なるカロリーが存在しており、大小様々です。しかも、お寿司という食べ物は、複数個食べるわけですから、高カロリーのネタのお寿司を複数個食べれば、それだけで1日の摂取カロリーを越えてしまう結果になり、とてもダイエット中の人は食べれる食べ物ではなくなるのです。

そこでお薦めなお寿司は、白身魚をネタとしているお寿司や、タコ、イカ、貝類などです。お寿司のネタの貝類というと、赤貝、ホタテなどが一般的な寿司ネタとなります。

赤貝は、1個あたり34キロカロリー、ホタテなら1個あたり56キロカロリーとなります。また、白身魚では、ヒラメであれば1個あたり20キロカロリー、鯛が1個あたり50キロカロリーと低めですし、タコは1個あたり76キロカロリー、イカは1個あたり70キロカロリー(種類により多少の差はあります)となり、これらはいずれも100キロカロリーを下回るネタでもあるのです。

しかし、このようなネタだけしか食べれないのは少々悲しいものがありますので、このようなネタを中心にして他のネタを食べるようにする事でダイエット効果も期待出来るという事です。

因みに、いくらのお寿司の一個あたりのカロリーはどれくらいかと言いますと、いくらは卵ですからカロリーが高いのだろうと思われがちなのですが、意外にもいくらは一個あたり50キロカロリー程度しかないのです。確かに、いくらは度々ダイエットレシピの中に登場してくる食材でもあり、いくら丼などというダイエットレシピもあります。

但し、いくら丼のご飯は少々カロリーが高めになるので食べ過ぎては元も子もありません。しかし、お寿司も一個ずつカロリーを調べていくと、ダイエットをしている人は食べ難い料理になるのです。

ダイエットレシピは健康維持にも役立てられます。

ネット上には様々なレシピが紹介されています。その中でもカロリーを抑えた料理を中心にしているダイエットレシピがあります。

ダイエットレシピはダイエットをしている人が食べたい物を探す時などに利用されるのですが、ダイエットレシピは健康を維持するためにも必要なレシピであり、ダイエットをしていない人には関係が無いというものではないのです。

脂の摂り過ぎ、塩分の摂りすぎは身体にはよろしくありませんし、食べすぎもよろしくありません。食事はゆっくりよく噛んで食べる事で満腹感を得易いものです。早く食べてしまうと、満腹感は出にくく、逆に多くを食べてしまう結果にもなります。

これらの事柄は、ダイエットをしている人もしていない人も共通している事なのです。また、一日に摂取すべきカロリーと言う物がありますが、これを超えるとカロリー過多となりますし、逆に少なければエネルギー不足であるため何をするにもパワーが無くなってしまいます。

適度なカロリー摂取が大事なのですが、外食などをしているとその摂取カロリーは大半の場合超えてしまうことになります。毎食カロリー計算をして食べる人もいるのですが、カロリー計算などをして食べる人は少ないのです。

一般的に、一日に必要とされる摂取カロリーは、成人の場合、1800キロカロリーから2200キロカロリーになるようです。

これはあくまでも目安であり、個人差と言うものがあります。例えば、30歳の男性の場合と女性では性別が異なれば摂取カロリーも変わりますし、30歳の女性と60歳の女性でも同じ事が言えます。これは年齢過多による代謝が減少して行く事で、基礎代謝の量が減る事で起きるわけです。

歳をとる事で摂取カロリーも少なくなりますし、男性と女性を比べた場合、男性の方が体全体が大きいので摂取カロリーも高めになるわけです。また、仕事をしている人の場合、デスクワークが中心の人もいれば、外回りが主な仕事の人もいます。

また、肉体労働者といわれる身体を常に動かして仕事をする人もいます。身体を多く動かす事は、多くのエネルギーを使うわけですから摂取カロリーも高めになりますし、殆ど身体を動かす事が無いデスクワークの場合は摂取カロリーは肉体労働者よりも低くて良いわけです。

仮に、デスクワークの人と肉体労働者の2名が同じ食事をしたとしますと、肉体労働者の人は身体を動かして燃焼させる事ができますが、デスクワークの人は燃焼しませんのでカロリー過多となるのです。